「なぜ新規事業は成功しないのか」(大江建著)のメソッドを使って新規事業のコンサルティングをしています。

社内起業研究会

社内起業研究会はペンシルバニア大学イアン・マクミラン教授の指導のもとに、大江建教授(早稲田大学経営大学院)を中心として活動している産学協同の研究会です。1988年の創設以来、「恒常的に成長し続ける企業とはどんな企業か」という面から社内起業に関するさまざまな研究を行ってまいりました。その研究成果として、「成功度の高い新事業を見つけだすBMO事業評価法」や、「新しいことにチャレンジできる人材を発掘するNEPT人材選択法」、「STAR(技術戦略分析)」「新事業シミュレーション」など、新事業担当者の実務に役立つ具体的な方法を提供してまいりました。

東日本大震災という未曽有の災害が起こった今この時こそ、これまで大江教授のご指導の下、総合コンサルティングオフィス・オアシスが築いてきた新事業開発のノウハウやネットワークで被災地に何か貢献できるのではないかと考えております。
そこで、ご関係の皆様と大江先生を囲んで「起業家精神で新しい日本を考える会(仮称)」を発足する運びとなりました。